観光力ネットとは
参加でできること
日本観光研究学会 関西支部 ニューズレター
観光力ネットとは
学芸出版社より創刊!
本サイトのバナー
   
  (ご報告)観光力ネット・学連協「インターンシップin城崎」(2019年8月21日〜27日)
 
2019/10/10
  (ご報告)観光力ネット・学連協「インターンシップin城崎」(2019年8月21日〜27日)

NPO法人観光力推進ネットワーク関西 学生連絡協議会「インターンシップ in 城崎プログラム」実施報告

本年も城崎温泉関係人口構築委員会と豊岡ツーリズム協議会の共催インターンジップ事業である「インターンシップin 城崎」をNPO法人観光力推進ネットワーク・関西 学生連絡協議会が募集を行い実施した。

【1】目的:各旅館での就労体験を行い、旅館業に対する認識・知見を深めて、地域全体でのイベントを通じた集客やおもてなしをする城崎温泉の取り組みを多面的に体験し、将来の観光業を担う人材としての入り口に立つことを考える。

【2】参加人員:NPO法人観光力推進ネットワーク・関西 学生連絡協議会17名

【3】期間:2019年8月21日(水)〜27日(火)の6泊7日

【4】体験実施場所:城崎温泉地域

【5】スケジュール
(1)7月20日(土)事前研修会

(2)8月21日(水)7時 大阪集合 バス移動
       11時 城崎温泉到着 オリエンテーション
       14時 各旅館へ 

(3)8月22日(木)〜 各旅館で体験型インターンシップ(8月26日(月)午前中まで)
(プレゼンテーション準備)8月22日(木)〜26日(月)午前中までは各旅館で研修を行い、26日(月)午後から最終日27日(火)午前中にかけては、最終日の課題プレゼンに向けてチームごとに企画発表内容を作成した。

(4)8月25日(日)17時 城崎温泉灯篭流し、イベントスタッフとして参加

(5)8月26日(月)午後、プレゼンテーション準備(西村屋ホテル招月庭)、参画企業紹介。
(参画企業との交流会)受け入れ旅館以外の旅館や豊岡市との情報交換の場として6つのブースをチームごとに回り情報交換する機会を作った。

(6)8月27日(火)午前 プレゼンテーション準備(西村屋ホテル招月庭)
       13時 テーマおよび各旅館での体験についての発表
(インターンンシップ イン 城崎 発表会)場所:西村屋招月庭 白陽
・報告会:インターンシップ参加者17名がA〜Dの4班に分かれパワーポイントを使い発表した。
・課題プレゼン内容に関しては、体験旅館の垣根を越えて1チーム4名から5名で1日かけて作成した。課題は、次の3つを15分で発表することになった。
@就業体験を通じて気づいた旅館の魅力・やりがい
Aお客様や地元の人に提案したい地域の魅力・素材
B就職先として必要な地域の魅力

(7)15時30分 城崎温泉発 バスで大阪へ移動
午後の発表でプログラムをすべて無事終了して、城崎温泉発15:30のバスで19:20過ぎに大阪梅田に到着して解散した。

【6】全体を通して
(1)事前研修会:今回は初めて研修の前に事前勉強会を7月20日(土)実施した。昨年度までは、現地でその場でマナー研修を行ったが、現場での理解の行き違いがあったため、今年は余裕をもってマナー研修を実施してマニュアルも配布して、スムースに研修に入れるようになり良かったと感じる。
(2)研修先の決め方:昨年は旅館名をオープンにして希望旅館を学生に書かせて調整したが、研修効果を上げるために今回は旅館名ではなく、旅館名を伏せて何ができるかを詳細に示して、学生の要望する旅館に入る形をとった。現地でも受け入れ旅館に対する話を学生から聞かなかったので今後もこの形式が良いと思われる。

文責 担当理事:辻本千春
   
 
「学連協「インターンシップin城崎」(2019年8月21日〜27日)」
   
 
「学連協「インターンシップin城崎」(2019年8月21日〜27日)」
   
 
   
Copyright(c) NPO法人 観光力推進ネットワーク・関西 日本観光研究学会関西支部. All rights reserved.