観光力ネットとは
参加でできること
日本観光研究学会 関西支部 ニューズレター
観光力ネットとは
学芸出版社より創刊!
本サイトのバナー
   
  (ご報告)【観光力ネット・学連協 第1回■学生研究発表会】(2014年度、2015年2月12日)
 
2015/02/14
  (ご報告)【観光力推進ネットワーク関西・学生連絡協議会 第1回学生研究発表会】(2014年度、2015年2月12日開催)

〔日時〕2015年2月12日(木)13:00〜18:30
〔会場〕阪南大学あべのハルカスサテライト

 以下のプログラムで開催され、大会場でのべ約60名の参加があり、各自、熱のこもった発表が続きました。

13:00〜13:05 NPO法人観光力推進ネットワーク関西 桑田政美理事長 開会挨拶
13:05〜13:08 学生連絡協議会 桑島副会長 挨拶
13:10〜13:30 発表1「観光コンテンツとしての「昭和」の可能性」
13:30〜13:50 発表2「旅行会社におけるスポーツツーリズムの現状と課題」
13:50〜14:10 発表3「大学生の旅行の現状研究〜近畿日本ツーリストとの共同研究〜」
14:10〜14:30 発表4「外資系ホテルのマーケティング戦略の調査・研究〜大阪市内の事例から〜」
14:30〜14:50 発表5「テーマパークにおける顧客満足とホスピタリティの関係性」
14:50〜15:10 途中休憩(20分)
15:10〜15:30 発表6「顧客満足と従業員満足の関係性の研究〜USJの事例から〜」
15:30〜15:50 発表7「USJの集客戦略についての研究」
15:50〜16:10 発表8「今後のブライダル戦略についての研究〜和文化への注目〜」
16:10〜16:30 発表9「南太平洋における観光戦略〜ニウエ島における観光戦略〜」
16:30〜16:50 発表10「ゆるキャラと地域振興」
16:50〜17:10 審査委員会、学生連絡協議会賞集計作業
17:10〜17:30 表彰式
        審査員長講評
        日本観光研究学会関西支部長 吉兼秀夫 閉会挨拶

 発表修了後、審査委員会、学生連絡協議会賞集計作業がおこなわれ、以下の結果となりました。

(1)NPO法人観光力推進ネットワーク関西・理事長賞
 「テーマパークにおける顧客満足とホスピタリティの関係性」研究グループ(神戸夙川学院大学:梶川里紗子、亀岡歩美、重森麗、濱野絵里加)

(2)日本観光研究学会関西支部・支部長賞
 「南太平洋における観光戦略〜ニウエ島における観光戦略〜」研究グループ(大阪成蹊短期大学:藤並優衣、渡辺咲月)

(3)審査委員特別賞
 「旅行会社におけるスポーツツーリズムの現状と課題」研究グループ(阪南大学:市原玲奈、上谷侑実、外記優美、西岡優斗、山本歩)

(4)学生連絡協議会賞
 「大学生の旅行の現状研究〜近畿日本ツーリストとの共同研究〜」研究グループ(阪南大学:中川光華、奥田輝人、倉本篤、鈴木成美、南垣春菜)

(5)奨励賞
 「観光コンテンツとしての「昭和」の可能性」研究グループ(神戸国際大学:里幸樹、中本千博、藤本英三、安藤広真)、「外資系ホテルのマーケティング戦略の調査・研究〜大阪市内の事例から〜」研究グループ(阪南大学:大上愛、松本莉里香、森崎萌)、「顧客満足と従業員満足の関係性の研究〜USJの事例から〜」研究グループ(阪南大学:西野ありさ、中本マリー、川原義惟)、「USJの集客戦略についての研究」研究グループ(神戸夙川学院大学:福井志織、福地桃子、前久紗槻)、「今後のブライダル戦略についての研究〜和文化への注目〜」研究グループ(阪南大学:森田伊織、中山詩保、桧垣一葉、山西香菜、佐藤大将、辻彩佳)、「ゆるキャラと地域振興」研究グループ(神戸国際大学:矢野詩織、玉城勝海、堀江祐至)

●講評
 下記、第一回学生研究発表会の講評について報告いたします。紙面上、発表チーム名称は割愛いたしますが、宜しくお願いいたします。
 まず全体的な講評でありますが、発表内容の質が当初想定を越える高いレベルであり、第一回目とは思えぬ発表会となりました。時間制約あるなか、学生皆様の御尽力に敬意と御礼を申し上げます。
 本審査については、評価点差が小さく、大変難しい判断となりました。
 理事長賞受賞チームは、高いレベルでの調査諸活動による論理的発表であり、審査委員一致で好評価となりました。
 支部長賞受賞チームは、斬新な視点のユニークさ、高レベルでのプレゼン発表手法からの訴求力が好評価となりました。
 審査委員会長賞受賞チームは、基本的な調査手順を踏まえ、質の高い発表内容が好評価となりました。
 また学生が選定した学生連絡協議会長賞受賞チームは、審査委員評価も同様高いレベルでありました。
 特別賞受賞チームの皆様、おめでとうございました!
 また他のチームの皆様にも僅差の評価に自信をお持ちいただき、今後学業面或いは社会活動面へ、この経験を前向きに活かしていただくことを願っております。
 学生の皆様、お疲れ様でした!

審査委員長 福本賢太
   
 
「学連協 第1回学生研究発表会 150212」
   
 
「学連協 第1回学生研究発表会 150212」
   
 
   
Copyright(c) NPO法人 観光力推進ネットワーク・関西 日本観光研究学会関西支部. All rights reserved.